チェンマイのマッサージ学校について解説します《初級編》

photo credit: Dustin Quasar Unity Yoga Thai Massage via photopin (license) 

こんにちは、チェンマイノートです。

チェンマイはタイマッサージの本場。タイ古式マッサージはもちろんのこと、チネイザンやトークセン、ユーファイなど少し特別なマッサージを受けたり、学んだりすることが出来ます。

チェンマイへマッサージ留学を検討中のあなたへ。
今日は日本人が通いやすいマッサージの学校についてお話しします。どうぞお付き合いくださいませ。

チェンマイのマッサージ学校

 

チェンマイのマッサージ学校について解説します《初級編》

チェンマイのマッサージ界の老舗と言えば『オールド メディスン スクール( Thai Massage Shivagakomarpaj (Old Medicine Hospital) )』です。この学校出身者のマッサージスクールや先生がチェンマイには多くいらっしゃいます。

老舗の学校で定評がありますが、昨今は目新しさに欠けるのか人気が下がりつつあります。。。残念! (実は、私もここの卒業生です) 

現在オールドメディシンに行くなら、マッサージ学校やマッサージサロンではなく「ハーブサウナ」がおすすめです。手軽で安くて行きやすいですよ。



では、最近おすすめのマッサージ学校はどこなの?

学ぶマッサージの種類に分けて、説明しますね。

色んなマッサージが総合的に学べる学校

 

以下の4校は、カリキュラムがしっかりと確立されていて且つ日本人の指導実績が多く、定評があります。

  1. CCA チェンマイクラシックアート
  2. ITM アイティーエム
  3. Loikroh ロイクロ
  4. Ong’s school オンスクール

どの学校も日本人の補助もしくは日本語のクラスがあるので、言葉に不安な方にも安心です。

またこれらの学校には、タイマッサージ以外にもルーシーダットン(タイヨガ)やオイルマッサージ、フットマッサージ、ベビーマッサージなどのプログラムがあります。さらにトークセンなど特殊なコースがあるスクールもありますので、興味のある学校のホームページをよく読んでみてください。

レベル1の値段/日数政府認定
CCA4500B/2日間16時間 ※教育省・健康省
ITM8000B/5日間30時間教育省・健康省
Loi kroh7000b/5日間30時間確認中
Ong’s school4000b/5日間時間不明教育省・健康省

※CCAはホームーページに日本円記載の為、バーツに換算して記載しました。

レベル1はタイマッサージの基本のクラスです。プロのセラピストになる為には更に上級のクラスを受けた方が良いですが、家族や恋人にマッサージをする為だったら、レベル1の受講で充分な内容を習得できますよ。

CCAだったら、1日で学べる「ホームマッサージ」というコースもあるわよ。

専門的なマッサージ学校

 

チェンマイのマッサージ学校について解説します《初級編》

これらのマッサージはとりあえず学ぶというよりは、本格的なコースとなっています。やる気と時間を用意して挑んでください。

トークセン、チネイザン、ユーファイについての説明はこちらをご覧ください。

トークセン

トークセンを本格的に学ぶなら、トークセンを世間に広め村人の健康を守ってきたダオ先生の学校がおすすめです。 現在は娘であるメオ先生が継承しています。


マネパカード

CCA、ロイクロ、オンスクールにもトークセンのコースがあります。

チネイザン

チネイザンは、「気」を取り扱う繊細なマッサージです。先生との相性も重要なので、習う前に一度、先生の施術を受けてみるのも良いと思います。

チネイザンは、ダントツ的に巨匠のクンジー・クンニー先生が有名です。本気で学ぶ人向けです。

まず一通りチネイザンを学んでみたいと言う方は、オンスクールに行くか、いろんな先生のチネイザンを受けまくることをお勧めします

チネイザンに関する記事(チネイザンとは、チネイザン体験レポート、チネイザンの受け方など)はこちらをご覧ください。



CCAでは「 おなかダイレクソロジー」、ロイクロでは「腹部デトックスマッサージ」、オンスクールでは「チネイザン(内臓マッサージ)デトックス」という名称でプログラムが開催されています。

チネイザンと言う名称は、タオガーデンの商標です。

ユーファイ

ユーファイが学べる学校は、多くありませんがオンスクールのメニューに「 産後ケア(ユーファイ) 」があります。

NEOMONEY
チェンマイのマッサージ学校について解説します《初級編》

チェンマイの有名な先生たち

 

チェンマイのマッサージ学校について解説します《初級編》

チェンマイには個性豊かな有名マッサージの師匠がたくさんいらっしゃいます。
個人的な小規模なスクールを構えていますが、世界中から生徒が集まっている道場のような場所です。

天才的な先生の学びを受けられるポジティブな意見が多数な一方、 その日によってやることがバラバラだったりと カリキュラムが安定していないと言ったネガティブな感想が多いのも事実です。

有名先生について、紹介しますね。

  • ティミー先生 :タイ古式マッサージ、トークセン、ハーブ
  • ワンディ先生 :タイ古式、
  • ピシェット先生 :タイ古式、学校と言うより道場と言われています。
  • ジョー先生 :チネイザン
  • ピジェム先生 :チネイザン
  • ジャック先生 :ナーブタッチのレックチャイヤの直系
  • その他、随時追加します。

先生の「名前+チェンマイ」で検索すると色んな情報が見られると思いますので、ここでは省略します。

チェンマイのマッサージ学校の選び方のまとめ

 

もし初めてチェンマイでマッサージを学ぶのなら、まずは総合的なスクールに行くことをお勧めしますよ。

学校に行き始めると、タイマッサージに興味のある人ばかりなので、日本で調べていた時とは比べ物にならない程、たくさんの情報に出会えますよ。

チェンマイのマッサージ学校選びの結論

どこのマッサージ学校が良いですか?ってよく相談されるんですが……

家庭用のマッサージや、まずはちょっと習ってみたいという方はCCAへ。
本格的にマッサージ師を目指すなら、まずはITMへ行ってみるとどうでしょう?

どこの学校も個性があって、一概にこれって言いにくいのですが、まずはチェンマイに来てみて、もっとも短期のコースに参加してみると良いと思います。

そこで現地の情報を収集するのね!

そうなの。日本から予約したコースをチェンマイに来てキャンセルしちゃったって話をよく聞きます。これは、あまりお勧めしないです。

マッサージ留学するときの注意・まとめ

くれぐれもチェンマイに到着前に、滞在中のスケジュールをびっしり詰めたりしない様に!

空白のスケジュールをたっぷり持っておくことが、マッサージ留学を充実させる一番の方法だと思います。

チェンマイでのマッサージ留学、楽しんでくださいね\( ˆoˆ )/

最後までお読みいただきありがとうございます。こちらもあわせてお読みください。





 Click 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください