【旅の情報】チェンマイの地図|初めてさんにもわかりやすくまとめました

ェンマイは、旧市街と呼ばれる城壁/お堀に囲まれた正方形を中心に広がる街です。西にドイステープ、東にピン川と自然と街が近く、大き過ぎず小さ過ぎないサイズ感も、人気の理由のひとつです。

お堀の一辺は約1.6㎞。歩いて20分くらいです。この距離感を覚えておくと、街歩きに役立ちますよ。

map1 map2 map3 map4 map5 map6 map7 map8 map9 map10 map11

チェンマイの北

チェンマイ市街から北上すると、メーリム(滝やエレファントキャンプ、タイガーキングダムなど)、チェンダオ(温泉や洞窟)、そしてチェンライと続きます。

サンティタム

この辺りは、大きな大学がありチェンマイの学生街の一つです。YMCAをはじめ、語学学校やマッサージスクールなどが多いのも特徴です。比較的、物価の安いエリアで食堂や屋台、市場が立ち並び、まさに”暮らす”エリアと言えます。

ピン川リバーサイド

【リバーサイド】のまとめ、地図

川沿いは、近年再開発が進み、新しいホテルやカフェが多く並んでいます。
11月のロイクラトン祭りやカウントダウン時には、川沿いで花火やコムロイ(灯篭)を上げてる人でにぎわいます。

❹ワットウモン周辺

【ワットウモンエリア】のまとめ、地図

昔から、チェンマイ大学出身のアーティストが住んでおり、ちょっとずつ個性的なショップが増え、今では人気のエリアの一つとなりました。サンデークラフトマーケットで有名なバンカンワットもこのエリアです。

❺ニマンヘミン

【ニマンヘミン・ホイケオ】のまとめ

ニマンヘミン通りとシリマンカラジャ通りの間のエリアを指し、チェンマイを代表するオシャレエリアです。ショッピングに、食事に、カフェ巡りに、夜遊びに、あらゆるシーンで楽しむことができます。チェンマイに旅行に来て、旧市街と並んで外すことのできない地区と言えます。

旧市街

【旧市街】のまとめ、地図

旧市街は、ワットプラシン(プラシン寺)を中心に、サンデーマーケットが開催される”ラチャダムヌン通り”からターペー門まで通じています。表通りは、新しいカフェや雑貨屋さんが立ち並び、小径を入ると下町の暮らしを感じるエリアです。ホテルやゲストハウスも多く、チェンマイに初めて来る方は特に、このエリアに宿泊すると良いでしょう。

❼ナイトバザール、ターペーイースト

【ナイトバザール】エリアのまとめ、地図

毎晩開かれるナイトバザールは、数年前まで少し活気を失った感がありましたが、ここ最近写真映えのするスポットが増えたり、マーケットのエリアが広がったり、整備されたりして、人気エリアに復活の兆しです。ターペー門からナワラット橋まで続くターペー通りは、歴史的に価値のある古い建築が多く、ぜひそれらをしっかり見てほしいと思います。リノベーションして古い建物にカフェやレストランが相次いで開店しており、今後注目のエリアとなっています。

❽チェンマイの東

チェンマイを東へ進むと、ボサーン、サンカンペーンという町へ続きます。さらに進むとここ数年タイ人の’中で人気のメーカポーンへ。この辺りは、セラドン焼きの工房や、レストラン・ミーナーを中心としたクラフトマーケット、温泉のある国立公園、近代美術館などなど、多様な見どころが満載です。

ウアライ/サタデーマーケット

チェンマイ門から南西に伸びるウアライ通りは、銀細工が盛んな地区でした。今なお、シルバー細工のお店が並んでいます。また通称シルバー寺・ Wat Sri Suphanは、信じられないような銀細工で建立されており一見の価値があります。また、この通りは土曜日はサタデーマーケットとなり、週末は多くの人で賑わっています。

❿チェンマイの西/メーヒア・ハンドン

このエリアには、在住外国人の居住が多く、郊外の割に飲食店が多い印象があります。ナイトサファリパークやフローラル記念公園など、自然いっぱいで週末のお出かけスポットも多数。チェンマイグランドキャニオンやホシハナビレッジもこのエリアです。

チェンマイ南部

チェンマイをピン川に沿って南下すると、ノンホイ・サラピー、そして隣町のランプーン、ランパーンと続きます。

旧市街 ウアライ/サタデーマーケット チェンマイ南部/メーヒア、ハンドン チェンマイ東部/サンカンペン、 チェンマイ西部 ワットウモン/バンカンワット ニマンヘミン チャンプアック、サンティタム ナイトバザール、ターペーイースト チェンマイ北部/メーリム、チェンダオ、チェンライ ピン川/リバーサイド

9件のコメント

  1. ピンバック: Chiang mai
  2. ピンバック: Chiang mai
  3. ピンバック: Chiang mai
  4. ピンバック: Chiang mai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください