チェンマイ旅行|気温に合わせた服装で快適に

チェンマイ旅行に持っていく服

 

こんにちは、チェンマイノートです。
チェンマイ旅行に持っていく服、どうしようかな?とお悩みのあなたへ向けて、今日はチェンマイの気温(気候)に合わせた服装についてお話ししようと思います。

旅の準備の参考になれば嬉しいです。

以前、チェンマイの年間の天気について、乾季・酷暑季・雨季の三つに分かれるというお話をしました。


南国のタイなので、一年を通じて気温が高いんでしょ? と思われることも多いのですが、チェンマイの季節はダイナミックに移り替わります。気温&雨量のバランスによって体感する快適度が大きく変わるので、気候に合わせた服装を知って旅をより快適に過ごして頂きたいと思います。

乾季(11月から2月)に適した服装

チェンマイの乾季は、爽やかで過ごしやすいベストシーズン!
気温は、だいたい20度から30度位で、雨はほとんど降りません。

暑くもなく寒くもない過ごしやすい季節

日本の秋の様なイメージで良いと思います。
日中は30度、朝晩は20度。朝方、まれに10度位まで気温が下がる日もあって体感的にはけっこう寒く感じます。 厚手の衣類もあった方が安心です。

 乾季に必要な衣類 

日本の秋の服装がベース

  • 厚手の上着(山間部は思っている以上に気温が下がります)
  • はおりもの(パーカーやカーディガンなど調整しやすいもの)
  • 半袖(日中は暑いので)
  • 涼しくても紫外線は強いので、日焼け対策しましょう

暑季(3月から5月)に適した服装

暑季・酷暑季は、とにかく暑いです。
日中の気温は30度、40度! 昼間に上がった気温は夜になってもなかなか下がりません。家屋や家具自体が蓄熱して暑さがこもっています。

この暑さの中では、通気性・肌さわりの良い素材の衣類が快適です。
デパートやレストランなど、エアコンが効き過ぎている場合もあるので念のため、はおりものがあった方が安心です。

真夏ならではファッションを楽しもう

この暑さを満喫する ベアトップやキャミワンピなど 真夏のファッションを楽しんでください。ストールが一枚あると、肩を隠したり日除けしたり、コーディネイトの雰囲気を変えたりと重宝します。

 暑季に必要な衣類 

日本の真夏の服装がベース

  • はおりもの(パーカーやカーディガンなど調整しやすいもの)
  • 天然素材の通気性・肌さわりの良い衣類
  • 真夏のファッションを楽しみましょう
  • 便利なストール
  • サングラス・帽子など陽射し対策は忘れずに

雨季(6月から10月)に適した服装

雨季は、南国らしい季節と言えます。スコールがやってくる前の湿った空気、ざわざわとした風の動き、そしてザバーーんとやってくる通り雨、どれもが南国らしい思い出として皆さんの記憶に色濃く刻まれることでしょう。

気温は25度から35度の辺りです。一日に一回、30分程度の大雨が街を通り過ぎて行きます。

濡れても平気な恰好なら問題なし

濡れても良い服装・足元がよいですね。高価なシルクの衣類や皮のシューズなどは水染みが付いてしまうので持ち込まない方が良いでしょう。

大雨の時には、車以外での移動は諦めて雨が止むのを待つのが賢明です。傘をさすよりはレインウェアの着用をおすすめします。

 雨季に必要な衣類 

濡れて平気な夏の服装がベース

  • はおりもの(パーカーやカーディガンなど調整しやすいもの)
  • 濡れても良い素材、速乾性のもの
  • サンダル
  • カッパなどレインウェア

ハワイアナスのビーチサンダルは、マシュマロの履き心地。歩き疲れにくいし可愛いし、旅行におすすめ!

チェンマイ旅行へ持っていく衣類のまとめ

 

年間通じて必需品はストールやカーディガンなどかさばらないはおりもの。あと、サングラス・帽子など。

年間通じて必需品は、ストールやカーディガンなどかさばらないはおりもの。あと、サングラス・帽子など。

チェンマイノート的におススメのスタイル(女子)は、コットンのワンピース軸に帽子や足元でおしゃれを楽しみ、天気にあわせて調節すると良いかと思います。

下図は参考例。基本スタイルに季節ごとで付け足すアイテムを変えています

【基本スタイル】 ワンピース + 帽子

【乾季】 レギンス、ソックス、重ね着シャツ、カーディガンなど

【暑季】 ストール、サングラスなど

【雨季】 防水サンダル、ストールなど

旅先で、その土地・天気に合った服装で快適に過ごしていただきたいと思います。お気に入りの服装だと写真撮るもの楽しいですよね♡ 素敵な旅の思い出をたくさん撮ってください。

 

寺院を参拝するときは、露出を控えめにしてクラップ!

以上、チェンマイ旅行に持っていく服についてのお話でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。



3件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください