チェンマイの住み心地

チェンマイの住み心地

こんにちは、チェンマイノートです。
人生の転機に、チェンマイでリフレッシュしませんか? 

タイの北部にあるチェンマイはかつてランナー王朝が栄えた「タイの古都」、歴史を感じる城壁やお寺などに囲まれた静かで落ち着く町です。

タイの首都バンコクとは異なるランナー文化を継承するチェンマイの人々の暮らしは、ゆっくりと丁寧。

例えば話し言葉、チェンマイ弁は響きが柔らかく優雅であるとタイの他県の人々から言われています。さらにタイマッサージにおいても、バンコク式のマッサージに比べてチェンマイ式のマッサージはゆっくりとしたペースで行われます。

そんなスローペースな癒しの町、チェンマイで暮らしてみたいと考える方は少なくありません。

今日は、チェンマイに暮らしてみたいと考えている方へ「チェンマイの住み心地」についてお話しします。どうぞお付き合いくださいませ。



チェンマイの良いところ

 

気候が良い & 花粉がない

チェンマイは、熱帯モンスーン地帯に属し、1年を通じて温かいです。

私が10年チェンマイで暮らしていての個人的な見聞ですが、血圧や心臓、アトピーなどの疾患を持っている方はチェンマイで暮らす方が調子が良いそうです。気温や湿度の関係だと思われます。

日本で多いタイプの花粉が少ないのも、私には魅力!

ただ、2-3月の煙害の時期は、おすすめできません💦

チェンマイの気候について参考にしてください。



治安が良い & 人が良い

チェンマイは治安が良い事でも有名です。
タイの古都特有のゆっくりした雰囲気も治安の良さを生む理由の一つかもしれません。

アパートやマンションには管理人もしくはセキュリティが常駐しているので、一人暮らしをするにも過分な心配はいりません

もちろん、世界中どこにいても最低限気を付ける防犯は必要ですが、女性一人の街歩きなどの面から見ても比較的安全です。

困っている人を見過ごせない性分のタイ人が多く、いろんな面であなたのチェンマイ暮らしをサポートしてくれる人に遭遇することになると思います。

生活コストの安さ

チェンマイの住み心地

タイや近隣国で生産されているものは日本の物価の半分以下くらいの安さです。しかし、日本や欧米から輸入されているものは日本での販売価格よりも割高です。

食費… 安くて美味しいご飯!

  • 屋台で食べるタイ料理 40b 程度 約140円
  • レストランで友人と飲んで食べて一人当たり 300b 程度 約1050円
  • 日本食レストランでお寿司セット 200b くらい 約700円
  • ペットボトルの水(1.5㍑)15b 程度 約52.5円
  • スーパーで買うと1.5㍑6本入りで 50b 程度 約175円(1本あたり29.1円)
  • シンハビール缶(350ml)35b 程度 約122.5円
  • 角食(12枚入り)20b 程度 約70円 など

交通費

  • ソンテウ(乗り合い赤バス)乗車 30b 程度 約105円
  • 市内循環バス 20b 約70円
  • レンタル自転車 1日 50b 程度 約175円
  • レンタルバイク 1日 200b 程度 約700円
  • レンタカー 1日1200b 程度 約4200円 など
 

生活用品の値段や品ぞろえは、タイの大手スーパー

「テスコ・ロータス」のオンラインショップ を眺めてみるといいわ。

 

住居環境が良い

タイ・チェンマイで部屋を借りる時に必要なものは、パスポートと前家賃と敷金1ヵ月分のみ。

なんてシンプルなのでしょう!

必要最低限のものが揃ったアパートやマンションは、1ヵ月 5,000b 程度
プール・ジム・キッチン付きのコンドミニアムが1ヵ月 1,0000b ~ 20,000b くらい

日本の住環境を考えると嘘みたいに安いし、簡単です。また通信費も日本よりずっと安いので、日本の家族や友人と気軽に連絡が取れるのも嬉しい利点です。

このコンドミニアムは、1ヵ月10,000b 位からマンスリーの賃貸ルームがあります。ホテルとして利用した時の記事ですが、設備や内装など参考にしてください。



アパートなどは、直接行って見せてもらって契約するパターンがチェンマイ流クラップ!

 

なので、チェンマイに到着してからの数泊は、日本人オーナーのゲストハウスなどに泊まって現地情報を聞いたり人脈を作っておくと、その後の滞在にも便利だし安心だわ。

 

街がかわいいし、カフェ天国だし♡

チェンマイの住み心地

チェンマイは、街並みがかわいくて街歩きが楽しいです。毎日、新しい発見でワクワクすることでしょう。

またカフェ天国とも言われ、たくさんのカフェがあります。お気に入りのカフェに入り浸るもよし、毎日カフェ巡りをするも良し。

いろんなタイプのおすすめカフェの情報はこちらをご覧ください。



オーガニックな環境が整っている

ここ数年のオーガニック需要により、チェンマイのオーガニックのレベルもかなり高くなっています。

チェンマイ発の意識の高いスーパーマーケット『リンピン』では、オーガニック製品の特別コーナーがあるので、食材から身の回りのケア商品まで健康的なもので揃えることが出来ます。

チェンマイのオーガニックや・ベジタリアンについてもっと知りたい方はコチラをご覧ください。



ヨガやマッサージなどが充実

チェンマイの住み心地

チェンマイのヨガ事情

世界中のヨギ―が集まるチェンマイは、飛び込みで参加できるヨガスタジオがたくさんあります。ヨガの種類も豊富です。

 ヨガクラスの種類 

  • ハタヨガ
  • アヌサラヨガ
  • ヴィンヤサ系ヨガ
  • エアリアルヨガ
  • アイアンガースタイル
  • メディテーション重視 などなど

ドロップイン(飛び込み)の料金は大体、200 – 300b /クラス となっています。ヨガマットは用意されています。

またヨガのティーチャートレーニングも年間を通じていくつも開催されていますので興味のある方は探してみると良いですね。

チェンマイのマッサージ事情

タイマッサージの本場チェンマイは、町の至る所にマッサージサロンがあります。料金は1時間 200 b 程度のお店が多いです。もちろん、もっと安いところももっと高級なところもありますので、お好みを見つけてください。

 タイマッサージの種類 

  • タイ古式マッサージ
  • フットマッサージ
  • オイルマッサージ
  • ハーバルボールマッサージ
  • トークセン(木槌マッサージ)
  • チネイザン(腹部デトックスマッサージ)

チェンマイの住み心地のまとめ

 

いかがでしょうか? チェンマイで暮らすことのイメージが少し湧いてきましたか?
治安が良くて、物価が安くて、可愛いチェンマイ。

頑張り過ぎちゃった自分に、人生の夏休み的な「チェンマイ暮らし」はいかがでしょう? マイペンライ、ぼーぺんにゃん(マイペンライのチェンマイ弁)の精神で締め過ぎちゃったネジを少し緩めて、自分にとって本当に大事なものを思い出して元気を取り戻してもらえたら嬉しいです。

チェンマイの住み心地

みんなそのままでみんな良い♡ 一度きりの人生、たまには小さな円を飛び出して、外側からその円を見つめてみてはいかがですか?

※タイの入国・滞在許可についてはコチラの記事をご覧ください。

》》チェンマイで【暮らす】ためのビザ・滞在許可・居住登録について

6件のコメント

  1. 私も生活のしやすさでチェンマイにしましたが、タイ77県すべてで宿泊した結果の結論です。タイ映画を見るためにシネコンの選択肢が多い街だったことも大きいです。雰囲気だけでしたらプレーやタークがよかったのですが。

    1. 食在清邁さん、ありがとうございます! タイ77県すべて宿泊されたんですね。
      チェンマイは街のサイズ感が暮らしやすいと常々思っています♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください