「そうだ!チェンマイへ行こうと思ったら」読本

こんにちは。
今日は、チェンマイが好き過ぎるチェンマイノート編集部が、チェンマイ旅行の計画を立てたあなたへ「チェンマイのいろは」についてお話しようと思います。
どうぞお付き合いください。

チェンマイ旅行のいろは

 

チェンマイに行こうと思い立ったら、まずは航空券!

旅の航路を決めよう!

2019年4月現在、日本ーチェンマイの直行便はありません。日本を出てチェンマイへの経由地はいくつかあるのでチケットの値段や乗り継ぎの状況から、自分にある航空券を購入しましょう。

《 日本からチェンマイへの経由地 》

✖ 日本ーチェンマイ
〇 日本ーバンコクーチェンマイ
〇 日本ー香港ーチェンマイ
〇 日本ー韓国ーチェンマイ
〇 日本ー台湾ーチェンマイ

航空券はどこで買うのがいいの?

WEB上には、出発地から目的地までの全ての航空会社のチケットを比較してくれるサイトがたくさんあります。試しに「航空券比較サイト おすすめ」と検索するとなんと56,700,000 件もヒットしました。

チェンマイノート編集部おススメの航空券比較サイトは、スカイスキャナーです。

スカイスキャナーを薦めるわ。検索しやすくて良いわよ。

スカイスキャナーのページ

宿泊エリア・ホテルを決める

航空券が決まったら、次は宿泊ホテルを決めましょう。この二つが決まれば、旅の準備は整ったも同然です。

チェンマイは、タイの第二都市です。日本で例えるなら、バンコクは東京、チェンマイは京都と言えるでしょう。 昔の城壁である四角に囲まれた旧市街を中心に広がる街です。 距離感を掴むには、旧市街の一辺の長さが約1.6kmと覚えておくと便利です。

チェンマイの大まかな地図。行きたい場所・宿泊地を決めよう。

チェンマイノートで各エリアごとの大まかな特徴をまとめたのでこちらのページを参考にしてください。



《 チェンマイノート的ホテルエリアの選び方 》

ホテルはどのエリアが便利? 楽しいかしら。。

ヘリテージ99 チェンマイのホテル ワットプラシンのすぐ近くで便利

チェンマイノート的あなたが泊まるべきエリアはこちらですよ。

〇初めてのチェンマイ旅行 → ❻旧市街

初めてのチェンマイ旅行は、断然、旧市街に滞在することをおすすめします
チェンマイらしい光景で溢れています。お寺と猫と木造古民家の心和む雰囲気や、最新のおしゃれなカフェやショップなどいろんな角度のチェンマイを楽しめます。また週末のサタデーマーケット・サンデーマーケットにも近くて便利です。

〇2回目のチェンマイ旅行 → ❺ニマンヘミン

二回目のチェンマイ旅行には、ニマンヘミンエリアをおすすめします。有名ショップだけでないニマンヘミンの魅力を発見するにはぜひニマンヘミンに泊まってみましょう。小さな路地に入ってお散歩したり、ガイドブックに載っていないショップを見つけたり、楽しい時が過ごせること間違いなし。

〇買い付け目的のチェンマイ旅行 → ❸❼ワロロット市場周辺

買い付けには、ワロロット市場が外せません。市場の近くには、郵便局などもあるので便利です。

〇タイマッサージを学ぶ為のチェンマイ旅行 → ❷サンティタム

またタイマッサージのスクールはサンティタム地区に多いのでおすすめしていますが、基本的には学校に通う期間中は学校の近くに泊まる方が良いと思います。クラスメートもたいてい近辺に宿泊しているはずです。CCAスクールなどは学校の寮があるので、スクール申し込み時にあわせて問い合わせすると良いでしょう。



〇リピーターのチェンマイ旅行 → 全エリア

その時の旅の目的に合わせてエリアを選ぶと良いですよね。たまには郊外の滞在型リゾートでのんびり過ごすのもおススメです。



チェンマイノートがおすすめするチェンマイの過ごし方

さぁ、航空券とホテルが決まりました。
旅程をどう組むか考える時間も楽しいひと時。ぜひ、チェンマイノートが提案するチェンマイの過ごし方に目を通してみて下さい。

買う・食べる・癒すなどのキーワードでおすすめスポットについて書いています。

チェンマイの魅力を見つける!

 

チェンマイの魅力はいっぱいあって言い尽くせない程です。行く度にまた新たな一面を発見するでしょう。

  • バンコクと比べて物価が安い
  • アジアの中で治安が良い
  • かわいいもので溢れている
  • オーガニックなど健康意識が高い
  • ノマドワーカーが多い世界トップクラスのノマドタウン
  • 世界中のヨギ―が集まるヨガタウン
  • タイ伝統医療のメッカ、タイ古式マッサージの本場
  • 北タイ独自の名物がたくさんある
  • 町のサイズが観光しやすい
  • 市街から30分くらいで大自然に出会える

もっと、書き足すべき魅力があるはずです。
ぜひぜひ、あなたが見つけたチェンマイの魅力を教えてください。

チェンマイノートではレポーターを募集しています。

そうだ、チェンマイへ行こう!

1件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください