【認定】2019年最新すてきカフェ一位|可愛くてかっこよくて最高な baristro ping river cafe

ピン川沿のカフェ the バリストロ at ピンリバー


チェンマイ市街の東を流れるピン川。タイ語だと「メーピン」って言います。
ピン川沿いも、玉石混淆で下町の商店があったかと思えば、洗練されたホテルやレストランの並ぶ、ミックス具合の楽しいエリアです。

その中で、ひときわ群を抜く存在のカフェを紹介しますね。

古民家の部分は、木を多用した温かみのあるデザイン。カフェのメインの建物はコンクリートとガラスで無機質なティスト+ドライフラワーなので温かみを添えていて、座る場所によって違う雰囲気を楽しむことができます。

 

こちらのカフェのおススメの理由は、

①店舗デザインのレベルが半端ない
②エリア内に、いろんな表情を持ったスペースがある
③コーヒーの専門レベルが高い
④フォトジェニック
⑤最新カフェでまだあまり知られていない など

 

さて、私が頂いたのは、アメリカーノのホットです(いつでもどこでもこればっかりw)。
チェンマイのカフェは100回以上言っていると思う私ですが、こんな事、初めて聞かれました。

「豆の挽き具合は、どうしますか? / 細挽き、粗挽き」

おぉーーーーー!   一緒に行ったタイ人の友人も驚いていました。聞いた事がないって。

チェンマイのカフェでは、注文ごとに豆を挽くお店が多いのであっても良いサービスですね。
これから、こういうサービスが浸透していくのかな、なんて、おしゃべりしながら頂きました。

さてさて、デザイン特化したカフェだと思っていたら、(だってこの日店内に、少なくとも3組の取材者が本格的に撮影していたのですよ)

スィーツやフード類も充実している!

という嬉しい驚きが。わーいわーい。次回はゆっくり朝食をいただきに参ります。

コチラのカフェは、川沿いと言うこともあってバックヤードも、しっかり活用されています。
インスタグラムで検索すると、タイのタレントさんなどがたくさん写真を撮ってあげていました。

この雰囲気だと、ウエディングパーティにも良さそうですね。

 

撮影のアングルを計算しつくした店舗

この席は、カウンターのあるメイン家屋になるのですが、
見てください! この陰影。誰が撮っても、素敵な写真が取れそうな場所がいくつも、というかすべてに広がっているのです。

プロの撮影組がいて、この日私は近づくことが出来なかったのですが、窓際のテーブルには撮影に役立つ洋書とキャンドル、ドライフラワーなどのインテリアが置かれていました。

小物を使って、素敵な写真をぜひ撮ってみてください。

 

まとめ

クリエイティブ最前線のデザインカフェです。にも関わらず、いろんなシーンに合わせて使える許容範囲の深さ。気軽に行くには少し遠いかもですが、もう絶対行ってみてください。私のイチオシです!!!

 


The baristro at Ping river

 

名称 バリストロ アット ピンリバー
エリア ピン川西岸
営業時間 8:00から19:00  定休日なし
サイト フェイスブック
メニュー 英語、タイ語
 Click 
 
 Click 

 

10件のコメント

  1. ピンバック: Chiang mai
  2. ピンバック: Chiang mai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください