【ショッピング・服】カラフル刺繍のワンピースでチェンマイ気分上々

んにちは。日々、縦横無尽にチェンマイを走り回っている(趣味で)訳ですがw、ちょっと前にオープンして気になっていたショップにとうとう行ってきました。

旧市街ワットプラシンの近くにオープンしたばかり

の建物、建築している時から私好みで注目していました。窓枠を壁いっぱいに取り付けた設計で。月日が経ってつい先月、こんな可愛いショップに生まれ変わりました。

Beige Button Vintage!

南国らしいカラフルなショップ

に入ると、チェンマイカラーでいっぱい。所狭しと並ぶちょっとヴィンテージ調な雑貨。
ベージュボタンの商品には、デザイナーの二人の感性によって、花や鳥など自然の中からインスパイアされたデザインが、色鮮やかに表現されています。ピンクや群青色のチェンマイらしい配色が刺繍に多く使用されて、かわいいい。

色の組み合わせには、地域色がとても現れると思います。例えば、アフリカやメキシコもパステルカラーではなう原色を使っていて、前者は赤やオレンジなど少し暖色かかったティストト、後者は濃い目の少し青味がかった様に感じます。

チェンマイの色使いで印象的なのは、マゼンタピンク。濃い目のピンクを基調に展開されるカラ―パターンにすっかり魅了されてしまいます。

とにかく、可愛い!
刺繍、タッセル、ビーズ、動物モチーフ、かぎ編み、うぎゃあ。好きなものだらけ。。
旧市街を南北に走る表通りに面しているため、このショップのカラフルさにつられて店内に入ってくるお客さんも多いです。

たくさんの思いを込めて誕生

の二人がオーナーでデザイナー。ショップの誕生は2014年。他にないオリジナルのデザインを探求して、日常使いできる仕立てにこだわり、また地域の人たちへ仕事を生み、彼らと共存して発展していく。そんな思いでこのブランドを始めたのだそうです。
とても明るい二人は、このブランドへの愛が深く、商品情報にも長けていて、話をしていると楽しくて思わず長居してしまいます。
二人とも、日本が好きで旅行に行くことも多いらしく、京都の古い着物を入手して、タイでリメイクしたジャケットや、ショルダーバッグなども見せてくれました。この斬新な着物コレクションは、タイ人に人気があるのだそうです。

かわいいいいいオリジナルのコレクション

の色使いのセンスは、ほんっと素晴らしいと思います。私、大好きなんです。尊敬しています!
なんと、コンバースにまで刺繍が施されていた!
裏から糸目が出ておらず、とても丁寧な仕事をした様子がうかがえます。
ほとんどは、女性用の衣類です。その他、アクセサリー、バッグ、シューズなど。数は少ないですが、女の子の衣類や男性用もありました。
ところどころに、猫のモチーフのものがあったので、おそらくデザイナーさんは猫好きなのだと思います。
ベージュ・ボタン・ヴィンテージのまとめ
かりやすくて行きやすい場所にあるので、ぜひ行ってみて下さい。ひとつひとつ、手でしっかりと刺繍された洋服。カラフルでちょっとレトロで、旅の気分を盛り上げてくれるに違いありません。また、この洋服を日本へ帰ってから着る度に、旅の記憶を思い出させてくれるでしょう。
ベージュボタン ヴィンテージ、注目の新ショップです。
オーダーにも応じていますので、チェンマイへ通うバイヤーさんも必見ですよ。
名称 ベージュ・ボタン・ヴィンテージ
住所
営業時間 10:00 – 20:00 月曜定休
サイト’ http://www.beigebutton.com/

1件のコメント

  1. ピンバック: Chiang mai

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください